ランドセルでよくあるトラブルをご紹介

よくあるトラブル

ランドセル

表面がよれている

ランドセルの表面がふにゃふにゃになることがあります。これは、濡れたまま放置したり、ランドセルの内部に湿気が溜まってしまったために起こる現象です。こうなると、自力で直すことは難しくなります。

肩のベルトが切れる

ランドセルで最も負担がかかる部分は、肩部分です。したがって、肩部分の根元から切れてしまうケースが多くあります。肩ベルトと本体のつなぎ部分がプラスチックであると、こういったトラブルが多く発生します。

パーツが取れる

トラブルで良くあるのが、金属やプラスチックのパーツが取れてしまうというものです。特に多いのが、ランドセルの前方についている錠が取れてしまうケースです。購入時はパーツがしっかり取り付けられているか確認しましょう。

背中部分が破れる

ランドセルの背中の部分が破れる場合があります。なぜかというと摩擦を受けて生地が劣化するためです。特に男の子はランドセルを背負いながら走ったりしますよね。ランドセルが上下に動くことによって、破れることがあります。体にフィットしたランドセルを選ぶことが大切です。

広告募集中